いざ結婚式を挙げるとなると招待状宛名書きという作業があります。

普段の生活で招待状を出すなんて機会滅多にありませんから経験がないのが普通です。しかし、うっかりミスなんて許されない大事な作業でもあります。

結婚式招待状宛名書きのポイントをおさえておきましょう。

■しっかりした文字で書く
当たり前のことですがヨロヨロした字や誤字脱字、インクがきちんと出ていないような招待状ではいけません。見栄えも悪くなりますし招待する相手に失礼になります。うまく書けなければ書き直すようにしましょう。

■住所の書き方
中身の招待状の形式にあわせて縦書きか横書きかを選択します。郵便番号を記入する時に〒マークは必要ありません。シンプルにすっきりと記入しましょう。

■宛名について
家族揃って招待する場合や夫婦で招待する場合には招待状は1枚にまとめます。代表の1人以外は苗字は省いて名前だけの記載にします。家族揃って招待する場合4人以上のだと宛名がごちゃごちゃしてしまうので、奥様のあとはご家族様とひとまとめにします。また当然ですが名前は絶対に間違えないように注意しましょう。

■法人を招待する場合
必ず社名は正式名称で記入しましょう。また招待する相手の役職についても正確に記入する必要があります。特に役職は変化する事も多いですから事前に調べておきましょう。

■プロに頼むのもひとつの手
招待状は心をこめて自分で書きたいという気持ちもあるとは思います。しかし実際には作業量が多くなることもありますし、なにより書式のミスなどの可能性を考えるとプロにお金を払って任せるという選択もあります。
結婚式招待状 宛名書き 書き方