税理士を探す場合に何を期待するかで変わってきます。

税理士の主な仕事は税務書類の作成で税金の計算もやってもらえます。
なお税金は毎年改正があり、専門家でないと対応できませんし、また税務調査の際は税理士
が対応してくれます。

もう1つの税理士の仕事は経営アドバイスです。毎月経理書類をチェックするため顧問先に訪問して、財務状況を見ながら経営者に資金繰りなどの助言をします。

税務書類の作成を依頼した場合は決算書料だけを支払うことになりますが、経営アドバイスも頼む場合は、毎月顧問料を支払うのが一般的です。

なお、有益な経営アドバイスを期待するなら能力が高い税理士が来社してくれないと困りますので、大きな会計事務所で若い所員が来社してくれても、有益なアドバイスは期待できないでしょう。

経営アドバイスが可能な会計事務所かどうかは、ホームページを閲覧すればある程度判断できるはずです。またTKCに所属しているかも判断材料のひとつになります。

ちなみに、会計事務所によっては税理士が担当してくれるのは最初だけで、あとは資格を持っていない職員が担当するケースが結構あるので、顧問契約をする際に税理士が継続的に担当してくれるか確認する必要があります。