税理士にも得意分野、不得意分野があります。

経理の記帳代行や申告書の作成だけで良いのならいいのですが、資金繰りのアドバイスや事業承継の支援、税務調査など経営者が税理士に何を期待するかによって選び方が重要になります。
特に税務調査は税理士の経験がものを言う場合が多いです。

一般の税理士が税務調査を経験するのは年に一度程度と言われており、多くの税理士で経験不足です。ですので、税務調査が頻繁にある会社が会計事務所を選ぶ際には、なるべく税務調査の経験が豊富な先生を選ぶ方が良いでしょう。

なお、最近はどこの会計事務所もホームページを持っており、税務調査が得意分野である場合は、ホームページで全面的に得意であることをアピールしています。

税務調査に強い税理士なら決算の際に事前にしっかりと対策を行い、税務調査が来たときは調査官ときちんと交渉を行います。

経営者1人では心細いですが、税務調査の対応が得意な税理士は経営者の味方になってくれます。

なお税法に精通していない税理士と顧問契約をすると、税務調査の際に調査官のいいなりになってしまい、余計な追徴課税が発生してしまう事があります。